Top -> エルガード工法とは-電気防食のQ&A -> Q&AE

Question...


E コンクリートが中性化すると、鉄筋は錆びやすくなるのは、
なぜですか?


Answer...

コンクリートの中にある鉄筋は、コンクリートという保護体と不動態皮膜という保護膜の
二つでまもられています。したがって、直接外気に接することがないため、安定な状態、
つまり腐食を起こすことはないと考えられてきました。

不動態皮膜という保護膜は、コンクリートがアルカリ性にある環境で形成されます。

しかし、コンクリート中に二酸化炭素(CO2)が浸透するとコンクリートが中性化します。
鉄筋表面までコンクリートが中性化すると保護膜を簡単に破壊してしまいます。

この保護膜が破壊された部分では、コンクリート中にある水や空気と反応して腐食が始ま
ります。



このページを印刷したい方は ⇒ PDFのページへ

                    


Copyright(C)2011 Japan ELGARD Association,All rights Reserved