Top -> エルガード工法とは-電気防食のQ&A -> Q&AH

Question...


H 電流の流れは、なぜ起こるのですか?

Answer...

鉄筋の腐食は、鉄筋表面に電池(腐食電池)が形成され、そこに電流(腐食電流)が流れ
ることで進行することは説明しました。

それでは、なぜ、このような電流の流れが生じるのでしょうか?

塩分で保護膜が破壊された部分(腐食部)では、鉄がイオン化することで電子が鉄筋中に
残されるため、保護膜で保護された部分(健全部)に比べ、電位が低くなります。この電
位の高低差が生じると、鉄筋内部では腐食部から健全部にバランスをとるために電子の流
れが生じます。電子の流れと逆向きが電流の流れですから、コンクリートを介して腐食部
から健全部に電流が流れるのです。

この電位の高低差は、腐食の進行速度であり、高低差が大きいほど、腐食は急激に進行し
ます。



このページを印刷したい方は ⇒ PDFのページへ

                    


Copyright(C)2011 Japan ELGARD Association,All rights Reserved