Top -> エルガード工法とは-電気防食のQ&A -> Q&AI

Question...


I 電気防食は、なぜ鉄筋の腐食を停止できるのですか?

Answer...

鉄筋表面の電位の高低差により腐食電流が流れることは説明しました。
この電位の高低差がなくなれば腐食電流が流れなくなり、腐食は停止します。

このように、腐食電流を消滅させるのが電気防食です。

コンクリート構造物の表面に陽極を設置し、鉄筋やPC 鋼材を陰極にして直流の電流、す
なわち防食電流を流します。防食電流は、腐食していない健全な部分(電位の高い部分)
に流れ、その部分の電位が下がります。これは、防食電流を流すことにより、電子の少な
い部分(健全な部分)に電子が供給されるためです。防食電流を増加させていくと、やが
て腐食した部分と同じレベルまで電位が下がり、電位の高低差はなくなり、腐食電流が消
滅します。



このページを印刷したい方は ⇒ PDFのページへ

                    


Copyright(C)2011 Japan ELGARD Association,All rights Reserved