Top -> エルガード工法とは-電気防食のQ&A -> Q&AJ

Question...


J 電気防食は、なぜ電位の高低差をなくすることが
できるのですか?

Answer...

鉄筋の腐食は、鉄筋表面に電池(腐食電池)が形成され、そこに電流(腐食電流)が流れ
ることで進行すること、また、電流は鉄筋表面の電位の高低差により生じることも説明し
ました。

電位の高低差は、鉄筋が錆びることで生じた電子のアンバランスです。
電気防食では、コンクリート構造物の表面に陽極を設置し、鉄筋やPC 鋼材を陰極にして
直流の電流、すなわち防食電流を流します。この防食電流により、陰極である鉄筋やPC
鋼材に電子が供給されます。

これにより、鉄筋やPC 鋼材に十分電子が供給され、電位の高低差がなくなり、腐食の進
行を抑制できるのです。



このページを印刷したい方は ⇒ PDFのページへ

                    
Copyright(C)2011 Japan ELGARD Association,All rights Reserved