Top -> エルガード工法とは-電気防食のQ&A -> Q&AK

Question...


K 電気防食に必要な電気は、どのくらいですか?

Answer...

腐食電流を消滅させるために流す防食電流は、これまでの施工実績から、概ね1 u当たり
10 〜 30 mA 程度です。この時の通電電圧は、2 〜5V 程度となります。

電気防食の施工面積を1000 uとすれば、
   最大で電流量は、30mA ×1000 u=30A 、電圧は 5V
   最小で電流量は、10mA ×1000 u=10A 、電圧は 2V
となります。

これより使用電力を計算すると、W(電力)=I(電流)×V(電圧)となるので
   最大 30A ×5V =150W
   最小 10A ×2V = 20W
となり、1000 u当たり最大でも白熱電球1個程度の電力で十分防食が可能です。

白熱電球1個程度の、非常に微弱な電流で防食できるのです。



このページを印刷したい方は ⇒ PDFのページへ

                   
Copyright(C)2011 Japan ELGARD Association,All rights Reserved